News

新着情報 / アップデート

配信グループで「除外条件」の指定ができるようになりました。

  • アップデート

配信グループ条件の設定において、一定の利用履歴やカスタムイベントの発生条件を満たすユーザーを「除外」し、それらの条件を満たさないユーザーだけをターゲティングすることが可能になりました。

除外設定 - MicroAd ENGAGE

除外設定はワンクリックで行えます。

除外条件の設定は、すべてのターゲティング条件タイプにおいて設定が可能となっており、その他の条件との組み合わせも可能となっております。

すべての条件はこれまで同様に、「AND」条件で括られ、例えば以下のようなセグメントを指定することが可能です。

<除外条件設定事例>

  1. 新機能をリリース後、その新機能を利用しなかった人だけを抽出する
  2. キャンペーン期間中に、プロモーション中の機能の利用がなかった人だけを抽出する
除外条件例 - MicroAd ENGAGE

複数条件の組み合わせ例

これにより、利用訴求したい機能やサービスについて、

  • 未利用のユーザーだけに絞ってプロモーション用のアプリ内メッセージカードを配信し、効果的なフォローアッププロモーションを行う
  • アプリ内アンケートを配信し、利用しない理由についてユーザーフィードバックを得る

といったことを、簡単に予約実行することが可能となっております。

除外ターゲティングイメージ - MicroAd ENGAGE

除外ターゲティングのご利用イメージ

ご利用方法については、管理画面より管理画面マニュアルの最新版(2.2.0)をダウンロードし、ご確認ください。


MicroAd ENGAGEでは、今後もアプリ運営者様のニーズに沿った様々なターゲティング機能、コミュニケーションフォーマットの拡充に努め、ユーザーエンゲージメントの向上に役立つシステムとして機能を向上させて参ります。

Contact

お問合せ

お気軽にお問い合わせください。

お問合せ

Shares