News

新着情報 / アップデート

位置情報を使ったジオターゲティング配信が可能になりました。

  • アップデート

MicroAd ENGAGEにおいて、ユーザーの位置情報を使ったジオターゲティング配信が可能になりました。

具体的には、アプリを通じて位置情報を取得するための必要な設定を行うことで特定のアクションが発生した際にユーザーの位置情報を同時に取得し、発生日時の情報とあわせてデータベースに保存します。

これにより、以下の機能が利用可能となっています。

 

過去の位置情報を活用した対象ユーザーグループの抽出とターゲティング配信

指定した場所に過去に訪問した記録があるユーザーグループを抽出し、アプリ内カード・アプリ内アンケートが配信できる他、MicroAd BLADEを通じた広告のターゲティング配信を行うことも可能です。

複数の場所、エリア半径を指定できる他、位置情報が記録された期間も指定することが可能です。

ジオターゲティング

 

ジオフェンスの設定による、特定の場所にいるユーザーへのリアルタイム配信

必要な場所、エリア半径を指定し、対象地域を訪問したユーザーに対してアプリ内カード・アプリ内アンケートをリアルタイムに配信することができます。

ジオフェンシング

 

これにより、多店舗展開するようなロケーションオーナー様でも、顧客の店舗訪問履歴などを活用したターゲティング・コミュニケーションをMicroAd ENGAGEを用いて実行し、PDCAを高速に回しながらエンゲージメントを高めていくことがより容易になっています。

詳細につきましては、管理画面より最新の管理画面マニュアル(ver.2.7.0)をダウンロードいただき、ご確認ください。尚、本リリースに伴うSDK側のアップデートはございません。


MicroAd ENGAGEでは今後も引続き、マイクロアドが保有する多様なマーケティング・ソリューションとの連携を深め、ユーザー視点に立った、シームレスなデータコミュニケーション環境の実現に注力してまいります。

Contact

お問合せ

お気軽にお問い合わせください。

お問合せ

Shares