Terms

利用規約

マイクロアド「ENGAGE」サービス利用規約

1.  規約の適用範囲

  1. 本規約は、株式会社マイクロアド(以下「当社」といいます)と当社から本サービス(第2条第1号参照)の提供を受ける契約者との間に適用されるものです。
  2. 当社が本システムの円滑な運用を図るため、必要に応じて定められるガイドライン、マニュアル、仕様、基準、その他本システムの利用に関する諸規程(サービス追加その他何らかの事由により当社がこれらを変更した場合は、変更後のものを指します)は、本規約の一部を構成するものとします。

2.  用語の定義

本規約で使用する用語の定義については、本規約の他の条項で定めるほか、次の各号に定める定義に従うものとします。

  1. 「本システム」
    当社が提供するMicroAd ENGAGEと称するマーケティングシステム及びこれに関する専用プログラムその他のソフトウェアや管理サイトの総称をいいます。
  2. 「対象サービス」
    契約者が提供するスマートフォンやタブレット向けのアプリケーション又はウェブサイトやウェブサービスをいいます。
  3. 「契約者」
    本システムの利用を希望する者のうち、本規約に同意の上、当社所定の方法により本システムの利用を申込み、当社から承認を受けた対象サービスの運営者をいいます。
  4. 「ユーザー」
    対象サービスを利用している個人をいいます。
  5. 「専用プログラム」
    当社が提供する、契約者が本システムを利用するために必要なSDK(ソフトウェア開発キット)及びタグなどのプログラムの総称をいいます。契約者は専用プログラムを適正に対象サービスに組み込むことにより、本システムの利用が可能となります。
  6. 「管理サイト」
    本システムの利用及びその状況を管理するためのウェブサイトをいいます。契約者は、当社所定の情報(社名、連絡先等を含むがこれらに限られない、以下「登録情報」といいます)や契約者が提供する対象サービスに関する情報を登録することで管理サイトを利用することができます。
  7. 「月額利用料」
    本システムの利用の対価として、契約者にお支払頂く月額費用をいい、本システムの利用態様に応じたプランごとに金額は異なるものとし、具体的な金額は利用申込書に記載するものとします。また、月額利用料は当月における本システムの利用日数に関わらず固定の月額費用が発生するものとします。
  8. 「追加利用料」
    本システムの各種機能の利用回数等に応じて、都度発生する費用をいいます。追加利用料の具体的な金額は、利用申込書に記載するものとします。

3.  規約の変更

当社は、事前の予告期間を置いて、本規約を変更する旨を変更後の本規約とともに、管理サイトへの掲載や契約者への電子メール、その他当社が適当と判断する方法で通知または周知することにより、本規約を変更することができるものとします。予告期間経過後は、当社が別途定める場合を除き、変更後の本規約が適用されるものとします。

4.  利用申し込みと契約成立

  1. 本システムの利用の申込(以下「利用申込」といいます)をしようとする方(以下「利用申込者」といいます)は、本規約の内容に同意した上で、別途当社が指定する利用申込の方法に従い利用申込書などの必要書類(以下「利用申込書」といいます)を提出するものとします。なお、当社が別途認める場合、左記の申込手続は、管理サイト上からの所定の手続をもってこれに代えることができます。
  2. 当社は、次の各号に定める事由のいずれか一にでも該当する場合は、前項に基づく利用申込を承諾しないことがあります。
    1. 対象サービスの内容又は仕様が、本システムを利用するにあたって必要な条件を満たしていないときまたはそのおそれがあると当社が判断したとき
    2. 利用申込者が、第23条第1項及び第2項に基づき本システムの利用を停止されたことがあるときまたは本システム利用契約の全部もしくは一部を解約されたことがあるとき
    3. 本規約に定められている遵守事項の不履行またはそのおそれがあると当社が判断したとき
    4. 登録情報に虚偽または誤った記載があると当社が判断したとき
    5. その他当社が不適当と判断したとき
  3. 当社は、利用申込書を受領後、利用申込を承諾するか否かについて利用申込者に通知するものとします。当社が本項に基づく承諾の通知をした時をもって、本システムの利用に関する契約(以下、「本システム利用契約」といいます)が成立するものとします。

5.  IDとパスワード

  1. 契約者は、本システムを利用するために当社が契約者に対して付与するID及びパスワード(以下、「ID等」という)を、自己の費用と責任において厳重に管理するものとし、ID等を第三者に利用させたり、貸与、譲渡、売買、質入等をしたりしてはならないものとします。
  2. 契約者は、正当な権限を有する役員または従業員以外にID等を利用させてはならないものとします。
  3. 管理サイトに契約者のID等が入力された場合は、当社は当該契約者が入力したものとみなします。
  4. 契約者は、ID等の漏えい、盗難、不正利用等の事実を知った場合またはその疑いが生じた場合は、直ちにその旨を当社に通知するものとします。この場合において、当社から指示があったときは、これに従い対応するものとします。
  5. ID等の管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等により、契約者、ユーザーその他第三者に損害が生じた場合、その責任は契約者が負うものとし、当社は責任を負わないものとします。また、ID等が不正に利用されたことにより、当社に損害が生じた場合、契約者は、当社に対しその損害を賠償するものとします。

6.  専用プログラムの組み込み

  1. 契約者は、利用申込が完了した後、管理サイト上から専用プログラムを取得し、当社の定める方法に従い、自身で専用プログラムを対象サービスに組み込み、本システムを利用するものとします。
  2. 専用プログラムは、契約者に対し、非独占的かつ譲渡不可能なライセンスとして提供され、契約者が自ら運営する対象サービス、または契約者が第三者より許諾を得て利用する対象サービス内で使用する目的に対してのみ提供されるものとします。

7.  利用期間

本システムの利用期間は、利用申込書の申込日の翌月から起算するものとし、利用期間の満了日は利用申込書に記載するものとします。また、利用期間満了日の1ヶ月前までに契約満了または利用期間変更の申し出がない場合は、利用期間の満了日以降自動的に、同一の期間、同一の条件にて更新されるものとし、以後も同様とします。

8.  料金の支払い

  1. 契約者は、毎月の月額利用料を、翌月末日までに当社指定の銀行口座へと振込にて支払うものとします。支払いに係る銀行手数料は、契約者が負担するものとします。
  2. 当社は、毎月末日を締切日として当月分の追加利用料を集計し、当該追加利用料の金額を当社所定の方法にて通知します。契約者は当該通知に従って、追加利用料を、締切日の翌月末日までに当社指定の銀行口座へと振込にて支払うものとします。支払いに係る銀行手数料は、契約者が負担するものとします。
  3. 請求書に記載の期日までに支払いが行われなかった場合には、契約者は年率6%の割合による遅延損害金を支払うものとします。
  4. 契約者の故意又は過失を問わず、支払いの遅延が30日以上に達した場合には、当社は自己の判断により本システム利用契約を解除できるものとします。

9.  契約者による契約の解除

  1. 契約者は、自己の都合により利用期間満了日前に本システム利用契約の全部または一部を解除することはできません。ただし、契約者が対象サービスの変更や利用プラン変更の希望を当社に申し出た場合、当社は当該変更について協議を行うものとします。
  2. 前項の記載に関わらず、当社が認めた場合または解約原因が専ら当社の責によることが客観的に明確である場合に限り、契約者は利用期間満了日前に本システム利用契約を解除することができるものとします。

10.  登録済み対象サービスの変更

  1. 契約者は、提供中の対象サービスの変更(対象サービスのアップグレードその他の変更等を含みます)をする場合、当社の要求があった場合は変更後の情報を当社に提出するものとします。
  2. 契約者は、対象サービスの変更に伴い本システムの利用になんらかの不具合が生じうる可能性があることを了承し、当該不具合については自己の費用と責任で対応するものとします。

11.  対象サービスの追加

契約者は、本システムを利用する対象サービスの追加を希望する場合は、改めて当社に対して利用申込手続を行うものとします。その際、別途両者の間で特に合意がなかった場合は、成立済みの対象サービスに関する本システム利用契約の内容が、新規追加対象サービスにも適用されるものとします。

12.  契約者情報の変更の通知

  1. 契約者は、利用申込書に記載された名称、氏名、住所、連絡先等に変更があったときには、速やかに当社にその旨を通知するものとします。
  2. 前項による通知がなかったことにより当社から連絡が取れない等の事由が発生した場合には、当社は当社の判断において本システムの利用停止等の手続きを行うことができるものとし、それによって契約者が被るあらゆる不利益、損害等について一切責任を負わないものとします。

13.  権利の帰属

契約者は、本システムに関するシステム、プログラム、ドキュメントの著作権、その他一切の権利が当社に帰属し、本規約の条件と目的に沿ってのみ契約者による利用が許諾されていることを承認するものとします。

14.  遵守事項

  1. 契約者は、自己の名と責任において、対象サービスのサービスを安定的にユーザーに対して提供しなければならないものとし、本システムの利用に伴って必要なユーザーに対する告知、承諾の取得等についても、自己の名と責任において行うものとします。
  2. 契約者は、提供する対象サービスのサービスにおいて次の各号の一に該当する行為、またはそのおそれのある行為を行ってはならないものとします。また、第三者をして、同様の行為を行わせてはならないものとします。
    1. 本規約に違反する行為
    2. 当社または第三者の権利及び利益を侵害する行為
    3. 虚偽、不正確または誤解を招くような内容を含む情報等を掲載、登録する行為
    4. コンピュータウイルス等の有害なプログラムを送信、掲載する行為
    5. 当社または第三者の機器、設備、システム等の利用もしくは運用に支障を与える行為
    6. 当社が承認するサイト以外へのリンクを掲載する行為
    7. 当社の社会的信用、名誉を失墜させる行為
    8. 犯罪的行為を助長するなど、社会的に有害な行為
    9. 公序良俗に反する行為
    10. 法令に違反する行為
    11. その他、当社が不適切と判断する行為
  3. 対象サービスに起因して、ユーザーその他第三者からの問合わせ、苦情、紛争等が発生し、これにより当社が損害を被った場合は、契約者はその損害(合理的な範囲内での弁護士等専門家の費用を含みます)を賠償するものとします。
  4. 契約者は、本システムの利用に関して当社が提供するプログラム、ドキュメント等の一切について、利用契約期間中及び利用契約期間の終了後も、本システムの目的外での利用、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブル、ソースコードの解読の実施、または同様のサービスの作成や提供をしてはならないものとします。
  5. 契約者は、本システム利用契約に基づく権利義務の全部または一部を、第三者に譲渡し、承継させ、または担保に供してはならないものとします。

15.  システムのメンテナンス、アップデート等

当社は、本システムのメンテナンス、アップデート等が予定されている場合には、それらの事前告知を管理サイト上に告知するなどの方法によって行うものとします。なお、緊急のメンテナンスが必要な場合は事前ではなく事後連絡となることがあります。

16.  テクニカル・サポート

当社は、休日祝日を除く平日(月曜日〜金曜日)の午前10時から午後5時の時間内において、契約者に対する本システムのテクニカル・サポートを行います。その方法は別途両者の合意がない限り、電子メールによって行うものとします。

17.  ユーザー情報の取り扱い

  1. 当社は、本システムを通じて、以下のユーザーに関する情報を取得します(以下、ユーザー情報」といいます)。
    1. 対象サービスの利用状況(利用の有無、頻度、利用した機能などの情報)
    2. 対象サービスを利用した時間
    3. 対象サービスを利用した際の位置情報(IPアドレスやGPS情報)
    4. 対象サービスを利用した際の端末情報やブラウザ情報
  2. 当社は、取得したユーザー情報を以下の目的で利用するものとします。
    1. ユーザーに対して契約者が希望するアンケート、クーポン、メッセージ、その他広告などを配信するため及びそれらの配信を最適化するため
    2. ユーザーの動向の分析やそれをふまえた本システムの技術強化、新たな企画・開発、改良をするため
    3. その他本システムを通じて個別にユーザーに対して通知した目的のため
  3. 当社は、ユーザー情報を、法令や業界団体のガイドライン及び当社のプライバシーポリシーに従い、適切に取り扱うものとします。

※本システムにおける、ユーザー情報に関する問合せの窓口は以下の通りです。

お問い合わせ先
株式会社マイクロアド「MicroAd ENGAGE」担当者 engage-contact@microad.co.jp

18.  ユーザー情報の取り扱いに関する当社の免責

前条の規定に基づいてユーザー情報を取得し利用することについては、契約者が責任をもって適切にユーザーに告知し許諾等を得ることとし、それら告知や許諾等を実施しないことによって契約者とユーザーの間で発生した事象または損害について、当社は一切の責任を負わないものとします。

19.  秘密保持

  1. 契約者は、当社の事前の書面による承諾なく、本システムの利用に際して、または本システム利用契約の履行を通じて当社から口頭または書面を問わず開示されたアイディア、ノウハウ、発明、図面、写真、仕様、データなどの当社の技術上、営業上、業務上の一切の情報(以下「秘密情報」といいます)を本システムの利用以外の目的に使用せず、また第三者に開示、漏洩してはならないものとします。
  2. 前項の規定にかかわらず、契約者が次の各号の一に該当することを立証した情報は、秘密情報に含まれないものとします。
    1. 開示されまたは知得する以前に公知であった情報
    2. 開示されまたは知得する以前に自らが既に所有していた情報
    3. 開示されまたは知得した後、自らの責に帰さない事由により公知となった情報
    4. 開示されまたは知得した後、その秘密情報によらず自らの開発により知得した情報
    5. 開示されまたは知得した後、正当な権限を有する第三者から秘密保持の義務を負わず適法に知得した情報

20.  本システムの変更

  1. 当社は、本システムの全部または一部について変更、中止、または廃止(以下「変更等」といいます)することができるものとします。
  2. 当社は、変更等を行う場合には、当社サイト上での掲載あるいは契約者に対する個別の通知などの適切な方法により、当該情報を告知するものとします。
  3. 前項の告知を行った後、契約者が引き続き本システムの利用を継続することにより、契約者は当該変更等に同意したものとみなします。

21.  本システムの廃止

  1. 当社は、本システムの全部または一部を廃止する場合があります。この場合、当社は、あらかじめ廃止日を、管理サイトへの掲載、契約者への電子メールでの通知、その他当社が適当と判断する方法で、契約者に通知または周知するものとします。ただし、緊急やむを得ない場合は、この限りではありません。
  2. 前項の場合、当該本システムの全部または一部の廃止日をもって、当該廃止にかかる本システム利用契約も当然に終了するものとします。
  3. 本条に基づき本システムを廃止し本システム利用契約が終了した場合、契約終了月の月額利用料については日割りで計算するものとし、契約者が支払い済みの月額利用料がある場合は当該計算結果に基づいた金額を返金するものとします。ただし、本システムの廃止によって契約者その他の第三者に生じた逸失利益その他の損害については、当社は責任を負わないものとします。

22.  当社による契約の解除と本システム提供の停止

  1. 当社は、契約者が次の各号の一に該当する場合、何らの通知・催告をすることなく、本システム利用契約の全部または一部を解約し、または当社が適切と判断する措置をとることができるものとします。
    1. 本規約及び関連する諸規定に違反した場合
    2. 登録情報、その他当社への届出内容に虚偽または誤った記載があると当社が判断した場合
    3. 契約者の所在が不明となった場合または連絡が不可能となった場合
    4. 正当な理由なく本規約に基づく義務を履行する見込みがないと認められる場合
    5. 破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算申立、特定調停申立、またはこれらのための保全手続の申立がなされた場合
    6. 差押、仮差押、仮処分、強制執行または滞納処分等を受けた場合
    7. 自己振出の手形または小切手が不渡りとなった場合
    8. 監督官庁から営業の取消、停止等の処分を受けた場合
    9. 当社に重大な損害を与えた場合またはそのおそれがある場合
    10. 反社会的勢力との資金関係、取引関係その他何らかの関係があると疑われる場合
    11. その他、信用状況が悪化しまたはそのおそれがあると認められる相当の事由がある場合
  2. 当社は、前項に定める場合のほか、次の各号の一に該当する場合、契約者に対し相当の期間を定めて当該事由を解消するよう催告を行った後、本システム利用契約及びサービス毎に定めるガイドラインの全部または一部を解除することができ、また、契約者に対し当社が被った損害の賠償を請求することができるものとします。
    1. 契約者について、ユーザーから苦情が多発した場合
    2. 当社の業務の遂行上支障があると当社が認めた場合
  3. 当社は、前各項に基づき本システム利用契約を解除した場合、これにより、契約者に損害が生じたとしても、当該損害に対する責任を負わないものとします。

23.  データの保管

契約者は、本システムの利用に基づいて契約者自身が取得したユーザー情報やその他一切の情報を、自己で責任を持って管理するものとし、本システムの利用契約終了後は、当社は当該データについて保管する責任は負わないものとします。

24.  免責事項

  1. 当社は、契約者の故意・過失による本システムの操作ミスや設定ミスなどより生じた契約者またはユーザーその他第三者の損害について、一切の責任を負わないものとします。
  2. 当社は、本システムの内容の詳細、または契約者が本システムの利用により得た情報等の全てについて、完全性、確実性、正確性、有用性に関して保証するものではありません。
  3. 契約者が、本条第1項により、第三者に対し損害を与えた場合又は第三者より損害を被った場合においても、契約者は自己の費用と責任においてこれを解決するものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。
  4. 当社は、本システムに発生した不具合、エラー、障害等(以下「障害等」という)に起因して生じた損害、または当該障害等の発生により契約者が本システムを利用できなかったことによって生じた機会損失等について、当社の故意または重過失による場合を除き、一切の責任を負わないものとします。
  5. 何らかの外的要因(システムの故障や外部からの攻撃など)により、本システム内のデータが破損した場合は、当社はそれらのデータの復活の責任及び損害賠償の責任を負わないものとします。
  6. 当社は、本システムの円滑な運営のための管理または監視を行いますが、その義務を負うものではありません。

25.  損害賠償

契約者及び当社は、本規約の各条項のいずれかに違反し、または履行を怠り、その他本システム利用契約に関し、自己の責めに帰すべき事由により相手方に対して損害を与えた場合には、相手方が被った直接かつ通常の損害を賠償しなければならないものとします。ただし、逸失利益や風評被害その他間接損害、拡大損害、懲罰的賠償などについては、損害賠償の範囲から除くものとします。

26.  準拠法

本システム利用契約の成立、履行及び本規約の解釈その他本システムに関する一切の事項については、日本国の法令を準拠法とします。

27.  管轄裁判所

本システム利用契約及び本システムに関する一切の紛争については、東京地方裁判所もしくは東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

28.  協議事項

契約者及び当社は、本規約に定めのない事項または本規約の各条項の解釈に疑義が生じた場合には、その都度誠意をもって協議し、解決するものとします。

以上

2016年5月23日 制定

Contact

お問合せ

お気軽にお問い合わせください。

お問合せ